競馬予想理論

単勝で勝ち続けるために知っておくべきこと

競馬とは予想した馬の着順を当てたらJRAからお金が貰えるゲームではありません。競馬の参加者が全員お金を出し合い、参加者同士がそのお金を奪い合うゲームです。

どんなゲームにおいても同じですが、ゲームのルールについて造詣の深い人と知識の少ない人との戦いでは造詣の深い人が勝ちやすいものです。

スポーツにおいては体力の優劣があるため、ルールに詳しくなくても身体能力だけでどうにかなってしまうことはあるのですが、こと競馬において、体力はまったく必要としないためルールに長けた人たちが勝てるのです。もちろん1レースや1日などの短い視点でとらえてしまうと、ルールの知識がない人が勝つことはありますが、長期的な視点で考えた場合は知識に乏しい人は勝ち続けることはできません。

この項では単勝に視点を置いて説明をしますが、これはどの券種においても同じことが言えます。

競馬で勝ち続けるには競馬の仕組みを理解することが不可欠なのです。

まずは本質を知る単勝はどれだけ買われているのか

単勝は的中させやすいですが高額の配当が望めない券種です。高配当の期待ができる三連単や三連複は人気の券種で、現在では三連単が一番売れている券種となります。

高額配当の期待できない単勝ですが、あなたは売上構成比が年々伸びていることを知っていますか?馬券の基本と言われる単勝馬券ですが、あまり人気のある券種ではなく、2016年では馬券の全体の売り上げのうち5.6%が単勝の売り上げでした。

この情報はJRAが公開している事業報告書で確認できます。

投票法毎の発売金の構成比(%)の推移

JRA平成28年度 事業報告書より

事業報告書では過去の売上構成比も確認できますが、10年前である2006年の売上構成比を見てみると3.4%となっているため、単勝の売上構成比はここ10年の間で2.2%増加していることがわかります。

三連単は発売開始以後、低額の投資で高額の配当を得られる事が人気となり、一番の売り上げを誇る券種となりましたが、2009年をピークにその売り上げは徐々に比率を減らしています。

これは本当に儲けようとしている人たちが連単や馬単では稼ぎづらいことに気がつき、単勝や複勝へ購入する券種をシフトしてきていることが原因の1つと考えられます。

JRAとの戦いではない競馬の仕組みについて知る

そもそも競馬というものはどのようなビジネスモデルなのでしょうか。競馬とは公営競技でありその管轄は農林水産省です。実態がともなっているかどうかは別にして、競馬を開催する目的は売り上げをあげて国や地方自治体に財政的な貢献をすることにあります。

馬券を当てた人にご褒美として配当金が配られるものではありません。

また、国が開催しているからといって公共サービスなどではなく、胴元が損をすることのないきちんとしたビジネスモデルがあって成り立っているものなのです。

以下のグラフは馬券売り上げがどのように配分されているかを表したものです。

馬券売り上げの使用配分

国が儲かる仕組みをざっくりと説明すれば、売れた馬券総額の約25%を国とJRAが手数料として徴収することにあります。

競馬が開催されるだけで国とJRAは売れた馬券の約25%分を自動的に儲けることができる仕組みになっているわけですね。この約25%がいわゆる控除率と呼ばれており、その割合は競馬法によって定められています。

そして残りの75%を馬券購入者の全員で取り合うゲーム、それが競馬なのです。

勝ちやすい馬券がある?券種による控除率の違い

約25%の控除率ですが、馬券の種類によって控除率に違いがあります。

11-2

従来は配当によって控除率が変動していたのですが、2014年6月から控除率が変更になり、当たりやすい馬券の控除率は低く抑えられ、高配当が期待される馬券の控除率が上がりました。控除率は見ての通り単勝と複勝が最も控除が低く、三連単と比べると7.5%も差が生じています。

このことから単勝や複勝は非常に有利な馬券と言えるのですが、どんなレースでも常に有利という訳ではありません。

レース選定の方法を記すとあまりにも長くなってしまうためここでは割愛しますが、競馬で儲けるためには購入する券種にあったレースを選ぶことが非常に重要です。

誰が決めているのか?単勝オッズの決まり方

競馬で稼いでいる人たちには当たり前の知識なのですが、意外に知らない人が多いのがオッズの計算式です。あなたはオッズの計算方法をすぐに答えることができるでしょうか?

単勝や複勝など的中が1つしか的中がない券種のオッズは以下の計算式で算出が可能です。

オッズ=(同一券種の総票数×控除率)÷勝ち馬の票数

馬券を購入する上で、購入した馬券がどれだけオッズに影響を及ぼすのか知ることは非常に大切です。東京・中山・阪神・京都の単勝の売り上げとローカル開催のレースとは単勝の売り上げに大きな違いがありますし、重賞が開催されないローカルの土曜日午前中などは単勝の売上総額が1000万円を下回ることもあります。

例えばローカル開催で単勝の総売上が800万円のレースがあった場合、単勝4.0倍の2番人気の馬の単勝を10万円分購入するとオッズは4.0倍から3.8倍へ下がります。これが重賞になると単勝の売上総額は1億円近くになってくるため、単勝に10万円を投じたとしてもオッズに影響を与えることはほとんどありません。

そのため単勝を購入するには、そのレースの売上がどれくらいあるのかをきちんと把握して金額を決める必要があります。

適正かどうかの見極めオッズの歪みとは何か

オッズは投票された結果を反映しているだけに過ぎませんので必ずどこかに「歪み」が生じるものです。

オッズの歪みとは、的中する可能性が高そうであるにもかかわらず、馬券購入者の盲点となったため、オッズが本来の数値よりも高い状態(または低い状態)にあることを指します。

三連単などでは購入点数の多さから、この歪みが生じる確率が高く「歪みを狙って投票することで利益が得られる。逆に単勝は歪みが生じにくく、競走馬の実力が反映されやすいためいくら控除率が高くても継続して勝ち続けることが出来ない。」という人がいますが、私は必ずしもそうは言い切れないと考えています。

勝負所を知る単勝のオッズは歪むのか

重賞やメインレースなどの注目度の高いレースについては、単勝の購入総額も大きくなるため歪みは生じにくくなりますが、上記のようなローカル開催などで売上が少ないときには単勝であっても多少の歪みが生じてきます。

もちろん単勝オッズの歪みは三連単ほど大きなものではありませんが、単勝の的中率の高さを考慮した場合は、多少であってもその歪みを狙っていくことで収支をプラスにして勝ち続けることは可能です。

サラリーマンMの配信する予想で購入オッズを指定しているのは、オッズの歪みが生じるチャンスを逃さないためでもあります。

-競馬予想理論


人数限定で公開中! 有料メルマガのご案内

サラリーマンMの競馬予想は有料メールマガジンとして2015年から配信しています。メールマガジンの配信は株式会社メディアインデックスが提供するレジまぐというデジタルコンテンツ販売プラットフォームを利用しています。レジまぐはコンビニ決済・銀行振込・クレジットカード決済・ペイジー決済に対応しているため安心してご利用いただけます。

サラリーマンMの単勝一点

抜群の安定度を誇る単勝予想!回収率100%が当然の競馬を!

単勝の一点予想を配信しています。新馬戦、障害戦を除いた全レースを対象としていますが、期待値の高いレースのみ厳選して配信するため、1日の提供レース数はおよそ1~3レースとなります。

平均的中率30%以上を誇る本命サイドの予想のため比較的ストレスなく競馬をお楽しみいただけます。月単位では収支がマイナスとなる場合がありますが、年間の回収率がプラスになるように設計していますので、長期的な視点で馬券の収支をプラスにしたい方に向いている馬券術です。

有料の予想配信は2015年から本格的に実施し、年間回収率100%OVERは現在もを継続中です。

ぜひ一度お試しください! 無料予想のご案内

有料で配信している単勝予想ですが、僅かながら推奨条件に満たない馬は無料情報として公開しています。以下にて競馬開催日の午前中に更新・公開をしています。有料情報をお試しになられる前にぜひご覧ください。

無料予想対象レース

7月15日(日)
中京12R フィリピントロフィー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

その競馬予想の仕方、間違っていませんか?

あなたは競馬の予想をどのように行っていますか? 馬券を購入するほとんどの人は、なにかしら勝馬の予想をしてから馬券を買っています。 スポーツ紙、競馬専門紙、パドックでの馬体診断。さらには競馬情報のデータ …

的中率と回収率のバランスを考えていますか

競馬において的中率と回収率というものは収支を向上させるためには必ず考えなければならない項目です。的中率と回収率は相反する関係性であり、競馬においてはどちらの数値とも高いということは通常あり得ません。 …

競馬における回収率の本質を正しく理解する

競馬で収益を上げることを考えた場合、最も重視される数値は回収率ですがあなたは回収率の意味をきちんと理解していますか? 回収率が持つ意味の本質について正しい理解ができていない人は、絶対に競馬で勝ち続ける …

競馬の勝ち組が実践している4つのポイント

競馬には色々なファンがいる事は承知していますが、馬券を購入するほとんどの人の目的は手持ちのお金を増やす事だと思います。しかし、いったいどれくらいの人がその目的通りにお金を増やす事ができているのでしょう …